原画「ISIS」

死と再生を司る女神イシスの名を名付けました。

8月6日は広島に原子爆弾が落とされた日。
この日に完成したのも意味があることだと思っています。

ベースは水晶とヒマラヤの原種の麻炭。
そこに銀箔を貼り、硫黄を乗せて焼いています。

真ん中は、純金箔の上に
レジンで固めたコスタリカ産の黄金色に輝く本物のコガネムシ。

周りの16菊花紋には碧玉(ジャスパー)とアズライト。
どちらも古代から聖なる石として扱われてきたものです。

上部の三角と蛇の目は隕石。

翼は胡粉、蛇にはさらに水晶を重ねて。
ラインは真鍮と雲母。

絵のサイドには、雲母の上に黒曜石(ほとんど見えませんが)。
火山岩である黒曜石で、焼いた銀を支えています。


詳しくは ブログにて。


サイズ 幅約45cm×高さ約39cm
木製パネル 和紙

送料込み

※本作品は、変色止めの保護スプレーをかけていますのでそのまま飾れますが、出来るだけ直射日光を避けて下さい。
販売価格 55,000円(内税)
購入数


Other page

Top